【金持ち父さん貧乏父さん】お金のためではなく、学ぶために働く【書評001】

clear framed eyeglasses on top of pile of books
Photo by Kari Shea on Unsplash
あなた
ビジネスをもつことは分かりました。では、具体的にどうすればいいんですか

こんな悩みを抱えていませんか。

そんなあなたにおススメなのが、「金持ち父さん貧乏父さん」です。ベストセラーになっているので、もうすでに読んでいるかもしれませんね。でも、ちょって待ってください。「お金が貯まらない」のであれば、もう一度読んでみることをおススメします。

一回目に読んだ時は気が付かなかったことに、気が付けるかもしれませんよ。わたしは今までお金について詳しく勉強しようと思いませんでした。税金とか社会保険料とか給料から天引きされるのが当たり前だと思っていました。

最近、お金について少しずつ勉強し始めたんです。そして、この「金持ち父さん貧乏父さん」に出会いました。読んだことがなかったので読んでみたのですが、自分の不勉強さと、後悔が生まれました。わたしみたいな人が増えないよう、レビューを書くことにしました。

終身雇用が完全に崩れ去り、副業を認める会社も増えました。このまま、お金について無頓着なままでいいのでしょうか。大事なお金が、いいように吸い取られてしまいますよ。

大丈夫です。今日がこれからの人生でいちばん若い日です。初めてでも、2回目以降でも「金持ち父さん貧乏父さん」を読むと、新しい自分になれますよ。

 

この記事で分かることは、

お金のためではなく、学ぶために働く

です。その理由を書いていきます。

 

長い目で見ると、お金を手に入れることにつながる

 

person writing on brown wooden table near white ceramic mug
Photo by Green Chameleon on Unsplash

時間あるいは価値を提供することで、報酬を手に入れます。時間を提供しているのであれば、せっかく就職した会社ですから、簡単に辞めたくありませんよね。ましてや、先が見通せません。時間を提供する場所が手に入れば、お金と安心が手に入ります。

ですが、先が見通せない現代では収入源が一つではリスクが高すぎます。そこで、お金を得るためには、新しい技術を学べるような別の仕事をする必要が出てきます。そうすれば、新しい知識を得ることができます。長い目で見れば、教育はお金より価値があります。

 

浅く、広く学ぶ

 

woman teaching girl
Photo by Jerry Wang on Unsplash

わたしたちは、お金を稼ぐためには専門性を高めることをよしとされてきました。例えば、教師は専門性を高めることでその地位を獲得することができます。超一流であれば、マーケティングの能力がなくてもお金を稼ぐことができそうです。

しかし、そうではない場合はどうでしょうか。医者であれば、治療することに対する専門性が必要なことは言うまでもありません。教師であれば、子どもにとって楽しく分かりやすい授業ができるように、日々専門性を高めています。そういった方を否定するわけではありません。

すべての職業は尊いものです。ですが、お金を稼ぐという観点から見ると、年収には差が出ます。特に、教師は転職しても他の業界には入りにくいと言われています。確かに、どんなに授業が分かりやすく楽しいものであっても、そのスキルが生かせるとかぎりません。

「子どものために」、この一言に時間をとられ、お金のことや世の中の仕組みなどについて学ぶ時間と気力を奪われているとわたしは思います。子どもたちにとって、大人は社会のロールモデルです。身近な大人である教師が世の中について広く学ぶ機会を失われては、本末転倒ではないでしょうか。

 

学ぶ時間なんてない

 

man tying his shoes
Photo by Alexander Redl on Unsplash

たしかに、現代人は、毎日、忙しく働いています。出社して、メールのチェック、打合せ、顧客対応、新規事業立ち上げのための会議、企画作成、明日のプレゼンの準備などなど。食事を取る時間も惜しいのではないでしょうか。場合によっては、トイレに行く暇もないこともあります。

そんな一日を過ごし、家に帰ったら、とてもじゃないけど学ぶ時間も気力もありませんよね。よく、人生はマラソンに例えられます。

ランニングをするときに、いちばんつらいのは「行こう」と決心するときです。決心さえつけば、あとは楽です。走ってしまえば、意外と気持ちがよいものです。そして、走り終わった後は、爽快な気分になります。

帰るときに、動画の音声を聴く。寝る前に本を1ページでも読む。そういった行動を習慣化してしまえば、学びは可能です。今やらなければ、待っているのは後悔です。

 

まとめ

man holding incandescent bulb
Photo by Riccardo Annandale on Unsplash

お金のためではなく、学ぶために働くのは

  • 長い目で見ると、お金を手に入れることにつながる
  • 広く浅く学ぶ

この2つの理由からだとわたしは考えます。一つの仕事に依存していることに対するリスクの高さを確認することができました。この本を読んでいる身なので、まだまだ学びが必要です。

本来であれば、20~30代のうちに学ぶべきことを、今、学んでいます。今思えば、無駄な20~30代を過ごしたなと後悔しかありません。

ですが、今日がいちばん若い日です。学べば資産になります。自分のため、自分のこどものために知識に投資をして、活用していくようにしていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です